アニメ

アイの歌声を聴かせて聖地巡礼!モデルの場所はどこ?ロケ地舞台は佐渡?【映画】

2021年に公開された映画「アイの歌声を聴かせて」が公開されております。

こちらの映画は優秀アニメーション作品賞を受賞した素晴らしい映画なんですよね。

そんな映画「アイの歌声を聴かせて」のモデルとなった場所があるようです。

ということで今回は、映画「アイの歌声を聴かせて」について

  • 聖地巡礼スポットはどこ?
  • モデルとなった場所はどこ?
  • 舞台となったのは佐渡?

などについて見ていきたいと思います。それでは御覧ください!

「アイの歌声を聴かせて」のモデルとなった場所はどこ?

「アイの歌声を聴かせて」の舞台は、佐渡島

映画「アイの歌声を聴かせて」の舞台となった場所は、新潟県の佐渡島や埼玉県所沢市になります。

作中では、架空の「景部市」がありましたが、実際にはありません。

「アイの歌声を聴かせて」のモデルとなった高校はどこ?

また、映画「アイの歌声を聴かせて」でモデルとなった高校は、「埼玉県立芸術総合高等学校」のようです。

この高校は、1学年が40人しかおらず、普通化が存在しないい単位制の学校として知られています。

 

スポンサーリンク

「アイの歌声を聴かせて」の聖地巡礼スポット

「アイの歌声を聴かせて」の聖地巡礼スポットをご紹介していきます。

聖地巡礼で回るファンが多くて、ネットでもたくさんの写真があげられておりました。

スポンサーリンク

「アイの歌声を聴かせて」についてのまとめ

今回は、アニメ映画「アイの歌声を聴かせて」の聖地についてご紹介いたしました。

  • 舞台となったのは、新潟県の佐渡島。
  • モデルとなった高校は、「埼玉県立芸術総合高等学校」。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ他の記事もお読み下さい!( ゚∀゚)