テレビ

ファブル(映画2作目)最後のシーンで脳の意味は?ラストついて考察してみた!

映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が金ローにて、2022年6月3日に放送されます。

映画2作目「ザ・ファブル」の最後のシーンで、脳内がズームされて終わってしまうのですが、どのような意味なのか少し気になりました。

ということで今回は、映画「ザ・ファブル」のラストシーンについて考察してみたいと思います!

それではどうぞ御覧ください!

 

ファブル映画2作目の最後のシーンで脳の意味は?

ファブル映画2作目の最後のシーンは、ボス役の佐藤浩市さんが経営している整体院にチャイムが鳴り、来客が訪れます。

そして何者かの脳内がズームされて、映画が終了します。

 

この最後のシーンを見ただけだと、ちょっと意味がわかりませんよね。。

 

ただ、これは、続編に続く描写なんですよね。

 

原作の漫画では、ファブルの組織である「山岡」が訪れます。

 

また、伏線として、ボスが明(岡田准一)と洋子(木村文乃)の会話をボスが聞いていました。

 

そのため、「ザ・ファブル」の映画3作目、続編がある確率は高いでしょうね。

 

スポンサーリンク

ファブルの山岡とは誰?(※ネタバレ含む)

山岡は、明と同じ組織の幹部で、本名不詳で元殺し屋の殺し屋

山岡は、ただ殺すだけでは面白みがないため、自分が描いたシナリオに沿って様々な策謀を巡らす劇場型の殺人者です。

 

山岡の特徴として、脳の扁桃体がイカれているため、恐怖を感じることができず、人の気持ちを理解することができ ません。

そのため、ただたっだ好奇心の赴くままに人を殺し続ける異常者です。

 

 

また、人の生死には興味はありませんが、自分の死に方にはこだわりがあり、ボスや明のような強者の記憶に残りたいと思っています。

そして、山岡は、ボスが最高傑作と認めた明と殺し合いをしたいと望んでいます。

 

洋子を組織に入れるために、洋子の両親を殺して、家に火を放り、本編と大きく関係する人物のため、次の映画3作目はかなり見ものだと思われます。

 

↓↓『ザ・ファブル』シリーズが無料で見放題↓↓

本日から1月6日まで無料!

スポンサーリンク

ファブル映画3作目について世間の声

映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の続編について、待望の声も多かったので、ネットの声も調べてみました。

 

映画「ファブル」シリーズを無料で見たい方や、テレビ放送を見逃してしまった方は、下記の記事にて紹介しているので、ぜひ見てみてください!

▶ザ・ファブル(映画)のテレビ放送や地上波はいつ?見逃し配信や再放送を無料で見る方法も紹介!

 

スポンサーリンク

ファブル映画2作目についてまとめ

今回は映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の最後のシーンについてご紹介しました。

 

1作目や2作目を見たからには、続編も気になってしまいますよね笑

また、個人的に山岡編が一番おもしろいと思うので、キャストが誰になるのか楽しみです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。