未分類

google doodleとは何?意味や表示されない&する方法は?【グーグルドゥードゥル/マーク/ロゴ】

グーグルの検索バーにある、グーグルのロゴが絵になっていたり、可愛い画像になっていたりすることがありますよね。

これは、「Google doodle(グーグル ドゥードゥル)」と言って、コロコロ変わったりするんですよね。

今回は、このGoogle doodleについて意味や、表示するor表示されない場合の対処法について見ていきたいと思います。

それではどうぞ御覧ください。

 

google doodle(グーグル ドゥードゥル)とは何?

google doodle(グーグル ドゥードゥル)は、グーグルのロゴのデザインのことで、「いたずら書き」という意味もあるようです。

 

そして、記念日やイベント、祝日など、その出来事によって、ロゴデザインが変化します。

 

驚くべきなのは、google doodleの数です。

1998年8月30日にはじめてデザインが登場したそうなのですが、今までに2,000個のデザインを使用しているそうです、、!

 

よく検索などする人は、「今日はどのようなデザインなのかな~?」と楽しみだったりします。

 

ちなみに6月19日は、日本では父の日なので、このようなデザインと、アニメーションが。

ちょっと怖いですが、かわいらしいですよね。

 

日本、ベトナム、インド、英国、トルコ、メキシコでもgoogle doodleが表示されていますが、この父の日パターンは表示されていないそうです。

 

スポンサーリンク

グーグル検索窓に「Juneteenth」と検索すると…

 

グーグル検索窓に「Juneteenth」と入れて、検索すると、面白いアニメーションが見られます。

ネタバレになると、いけないので、あえて動画や画像は載せておきませんね笑

 

コピペして検索窓に入れてみてください。

最初はこれだけ?と思うかもしれませんが、徐々に動き始めます笑

 

「Juneteenth」の意味は、奴隷解放記念日(6月19日)で、アメリカでは祝日になっております。

 

奴隷解放記念日とは?

1863年1月1日にリンカーン大統領が奴隷解放宣言に署名した後、最後まで抵抗していたテキサス州が1865年6月19日に奴隷解放を実施したことを記念した日だ。

昨年バイデン大統領が祝日にする法案に署名し、連邦政府が認める11番目の祝日になった。

 

スポンサーリンク

google doodle(グーグル ドゥードゥル)で面白いデザインを紹介

google doodleは、面白いデザインもかなりあるので、一部ご紹介したいと思います。

 

▶選挙

▶グーグル創立記念日

▶塙保己一の誕生日

▶ステイホームバージョン

▶節句

▶芸術家「クロード・カアン」の誕生日

ちょっと怖いのも…あるようですね笑

 

また、検索窓にねずみが現れるなどもありましたね笑

 

また、Google公式サイト「Doodle ギャラリー」より、過去のドゥードゥルが見られるため、ぜひ興味がある方は、自分の誕生日など見てみてくださいね~。

▶「Doodle ギャラリー」

 

スポンサーリンク

google doodle(グーグル ドゥードゥル)が表示されない時はどうすればいい?

google doodleが表示されない場合、表示する時の対処法は端末によって変わります。

グーグルアプリを開き、「その他」→「設定」→「全般」→「検索ウィジェットのDoodle」のオンオフを切り替えてみましょう。

 

または、検索窓を押し続けると、設定(…や→など)が表示されるので、「検索ボックスの特殊効果」のオンオフを切り替えて見てください。

 

パソコンで表示されたい方は、ブラウザが異なる可能性があるため、グーグルChromeの新規ページではなく、下記からグーグル検索ページを開いてみてください

▶「グーグル検索ページ」を開く

 

逆に、google doodleを表示させたくない方は、拡張機能「Hide Doodles」を入れると、表示されなくなります。

▶「Hide Doodles」

 

google doodle(グーグル ドゥードゥル)についてまとめ

  • google doodleは、「いたずら書き」という意味で、グーグル検索バーに表示されている。
  • 世界中で、google doodleが表示されおり、ロゴデザインの種類が2,000以上と豊富。
  • 「google doodle」と検索するなど隠しコマンドもある。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の記事もどうぞ御覧ください。