未分類

パビリオンとは何?意味や名前の由来は蝶?【大阪万博】

2025年に開かれる大阪・関西万博のパビリオン基本計画として、テーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を体現する中核パビリオンの構想が発表されました。

なんとな~く絵や前後の内容から分かるのですが、パビリオンってどのような意味なのかあんまりわかりませんでした。

ということで今回は、パビリオンとは何か、意味や名前の由来についてみていきたいと思います。

それではどうぞ御覧ください!

パビリオンとは何?

パビリオンの意味は?

パビリオン(pavilion)とは、建築用語のことで、展示会や見本市、博覧会など展示用の仮設の建物のことを言います。

 

名前の由来は、ラテン語で蝶のことをパビリオン(papilio)と言うからです。

本来は、野営のためのテントを指し、パビリオンの形が蝶に似ていることから言われるようになりました。

 

現在では、機能や構造と関係なく、分頭形式で建てられた一棟のことを指し、その配置形式をパビリオン・タイプまたはパビリオン・システムと呼んでいます。

フランス語のパピヨン(papillion)とも言いますよね。

 

調べてみると、「洞窟」という意味も出てきますが、野営のテントが仮設のために使われているので、「洞窟」という言葉も出てくるのかもしれません。

(間違っていた場合はすみません…)

 

パビリオンの例、使い方は?

パビリオンがどのようなものか、実際に画像で見てみましょう。

主に建築物などの展示用の作品などに対して使われるみたいですね。

 

スポンサーリンク

大阪万博パビリオンとは?

大阪万博パビリオンについて

大阪万博のテーマは「いのちを守る」、パビリオン名は、「いのちの輝きプロジェクト」です。。

こちらのパビリオン名は、下記のプロデューサー8名で決定し、それぞれのプロデューサー毎にもテーマが決められています。

 

  • 福岡伸一 → テーマ「いのちを知る」 パビリオン名「いのち動的平衡 I am You」
  • 河森正治 → テーマ「いのちを育む」 パビリオン名「LIVE EARTH×SPACE LIFE」
  • 河瀬直美 → テーマ「いのちを守る」 パビリオン名「いのちのあかし」
  • 小山薫堂 → テーマ「いのちをつむぐ」 パビリオン名「EARTH MART」
  • 石黒浩 → テーマ「いのちを拡げる」 パビリオン名「いのちの未来」
  • 中島さち子 → テーマ「いのちを高める」 パビリオン名「いのちの遊び場 クラゲ館」
  • 落合陽一 → テーマ「いのちを磨く」 パビリオン名「null2」
  • 宮田裕章 → テーマ「いのちを響き合わせる」 パビリオン名「Co-being」

 

ネットの反応は?

大阪万博のパビリオンについてネットの反応も調べてみました。

パビリオンと言われて、やはり世間の人はあまり言葉に聞き慣れていないせいか、ぱっとしない方が多い印象でした。

 

スポンサーリンク

大阪万博パビリオンについてまとめ

パビリオンの名前の由来は、ラテン語で蝶からきており、展示用の仮設の展示物という意味でした。

なかなかこういう機会でもないと、パビリオンの意味は普段使わないですし、意味がわからなかったりするため、勉強になりました。

 

個人的には、ニュースなどでパビリオンを使用する際は、老若男女にわかりやすく「仮設の展示物」などでいいと思いました。

ただ、2025年までにどのような建物が出来上がるのか、楽しみですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ他の記事もお読み下さい。