政治

義勇兵とはわかりやすく簡単解説!傭兵や民兵の違いは何?【義勇軍】

ロシアのウクライナ侵攻が始まり、ウクライナから他国へ義勇兵を応募しています。

ただ「義勇兵」って普段めったに使わない言葉なので、なんとなくは分かりますが、どのような時に使われる言葉や意味なのかわかりませんよね。

ということで今回は、「義勇兵」について

  • 義勇兵とは何?
  • 傭兵や民兵との違いは何?

などについて子供向けにもわかりやすく簡単に説明していきたいと思います!それではどうぞ御覧ください。

「義勇兵」とは何?わかりやすく簡単解説!

義勇兵の意味は?

まず、義勇軍が何かですが、「政府が徴募し組織するものではなく、自発的に戦闘に参加する兵」になります。

つまり、外国などで交戦中に、強制的に兵として集められた兵ではなく、あくまでも自分の意志で兵になりたいと志願した兵ですね。

義勇軍という言葉もありますが、こちらも常から交戦を目的として編成や訓練している正規の軍隊ではなく、有事など外国との武力交戦時に臨時で編成された軍隊のことを言います。

また、義勇兵や義勇軍という言葉を使う理由としては、義勇兵としたほうが士気が高まるからだそうです。

確かにそちらのほうがかっこいい気はしますよね。

傭兵や民兵との違いは?

傭兵や民兵も同じような言葉として挙げられますが、意味が異なります。

傭兵は金銭や食料などの物資で雇用された兵士となるため、金銭的な契約ではなく自発的に応募してきた義勇兵とは異なります。

民兵とは、民間人に短期的な軍事訓練を施して、戦争に参加させたもので、こちらも正規の兵とは異なるため、義勇軍とは異なります。

  • 義勇軍…自らの意志で、無償で戦争に参加する者のこと。
    (軍人や民間人は問わない)

ただ、義勇兵は戦闘経験のない人もいると思うので、実際敵の兵に勝つことができたり、あるいは味方の兵と連携ができるかはわかりませんよね。

義勇兵と言えば、アメリカ独立戦争で義勇兵がのべ23万人も動員されましたが、相当な人数ですよね。

「義勇兵」についてネットの反応は?

義勇兵にいついて世間がどのように思っているのか、ネットの反応を調べてみました。

「義勇兵」についてまとめ

今回は義勇軍について見ていきました。

  • 義勇軍とは、自らの意志で、無償で戦争に参加する者のこと。
  • 雇用されている傭兵と義勇軍の違いは、ボランティアであるかどうか。

義勇軍だとしても、戦争はどちらかが必ず悲しむため、早く平和が訪れまるよう祈るばかりです。