ニュース

ウィルスミスの放送禁止用語でアカデミー賞剥奪?今後やドリームプランはどうなるの?

俳優のウィルスミスが3月27日に行われたアカデミー賞にて、コメディアンを平手打ちした件が問題となっております。

また、その後ウィルスミスが「放送禁止用語」を言ったことも問題となっている様子。

今回は、ウィルスミスについて

  • 放送禁止用語はなんて言った?
  • ウィルスミスの今後はどうなるの?
  • アカデミー賞剥奪の可能性は?
  • 映画「ドリームプラン」に影響は?

などについて見ていきたいと思います。それではどうぞ御覧ください。

ウィルスミスが放送禁止用語を連発?

ウィルスミス放送禁止用語の動画は?

ウィルスミスがアカデミー授賞式で、コメディアンのクリスロックを平手打ちした後、放送禁止用語を発したとのこと。

実際に動画でその時の様子を確認してみましょう。

国際ニュースを取り扱うイギリスメディア「ロイター通信社」では、放送禁止用語のため、「ピー音」がつけられていました。

ウィルスミスが公然の場で、このような発言をするとは、いかに頭に血が上っていたのかということがわかりますよね。

放送禁止用語の内容は?なんて言ったの?

ウィルスミスはクリスロックに対し、

「Keep my wife’s name out of your fuckin’ mouth!」

と発言しており、日本語訳だと、「俺の妻の名前を出すな!」となります。

日本語訳だと、「ウィルスミスの妻を侮辱したから当然じゃん」と思うかもしれません。

しかし、英語圏では、「fuck」というキーワードが、かなり下品な表現として認識されているため、特にテレビなど公共メディアの場で発せられることはNGになります。

文に「fuck」をつけることで、悪口をさらに強調させることができます。

日本では「◯ね」などテレビ番組でたまに使用されているのをみかけますが、これとは違ったNGワードになるんですよね。

今回の場合、「fuck’in」と使用しているので、「てめぇの汚い口で俺の妻の名前を言うんじゃねぇ!」というところでしょうか。

自分の妻を侮辱したので、これくらい言ってもいいような気がしますが、場がアカデミー賞授賞式だったので、かなりまずい場所で発言してしまいましたね。

ウィルスミスの妻を侮辱したクリスロックに何もお咎めがないのは、どうも納得できないですよね…。

スポンサーリンク

ウィルスミスは今後はどうなるの?

アカデミー賞剥奪の可能性は?

アカデミーの知事会は水曜日に会合し、グループの行動基準に違反したとしてウィルスミスに対して懲戒処分を開始しました。(AP通信)

そのため、ウィルスミスに対する懲戒処分は、何かしらの制裁があるようです。

 

心配されるのは、ウィルスミスがアカデミー賞受賞を剥奪されてしまうことです。

今のところ、クリスロックは警察への被害届は拒否しているようで、ウィルスミスに対して何もお咎めはないようです。

ただ、やはり世界のアカデミー賞にて、このような行為はどのような理由があっても許されないでしょう。

 

ハリウッドから永久追放はないにしても、アカデミー賞(オスカー賞)受賞の剥奪はあり得るかもしれません。

ウィルスミスの暴力をアカデミー賞授賞式の主催である「映画芸術科学アカデミー」が容認してしまうと、それはそれで信用の問題となりますからねぇ。

ただ、ウィルスミスもこのような場で妻を侮辱されたのは、ある意味被害者ですよね。

 

状況が状況ですがので、ウィルスミスは今後しばらく俳優業を休業するのではないでしょうか。

このような状況になってしまい、本当に可哀相に思えます。

アカデミー賞受賞作品「ドリームプラン」はどうなる?

ウィルスミスがアカデミー賞を受賞した「ドリームプラン」はどうなるのでしょうか。

今のところは、問題なく上映されており、上映中止になることはなさそうです

 

逆にウィルスミスがアカデミー受賞したこと、そして問題を起こした作品であることから、さらに注目されるかもしれませんね。

 

映画「ドリームプラン」は日本で、2022年2月23日から全国公開されています。

ちなみにこちらが特典映像と紹介動画になります。

楽しそうなウィルスミスを見ると、さらになんでこんなことになったのかと思うと、せつなくなります。

スポンサーリンク

ウィルスミスの放送禁止用語や今後について世間の反応は?

ウィルスミスの一件について世間がどのように思っているのか、ネットの反応を調べてみました。

放送禁止用語の使用について

ウィルスミスの今後について

スポンサーリンク

ウィルスミスについてまとめ

もし自分がウィルスミスの立場だったら、同じことをしていたかもしれません。

暴力は絶対に許されませんが、やはり自分の大切な人を公然の場で侮辱されるのは許されません。

クリスロックの侮辱発言も暴力と同じように非難されるべきだと思います。

また、こんなことでウィルスミスの俳優人生を終わってほしくないので、今後も俳優業を続けていってほしいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

どうぞ他の記事も御覧ください。